最近ますます活発になってきたネットビジネス

最近はパソコンやインターネットの普及などにより、ネットビジネスと言われるものが活発になってきていますが、その種類は一言では言えないほどさまざまな物があります。

内職や小遣い稼ぎ程度の物から始まり、最近話題のクラウドソーシングなどの在宅ワーク、株取引などもそれに当てはまるのかもしれません。そんな中、インターネットの普及により飛躍的に市場が拡大した物の一つとして、ネットショッピングが挙げられると思います。

元々通信販売などは私の子供の頃から存在するくらい古い歴史があり、その当時はカタログが送られてきたり、TVやラジオのショッピングなどが中心でした。

それがインターネットの普及により形を変えていき、自社サイト内で自社の商品をインターネット経由で販売する様になり、さらに楽天市場やヤフーショッピングなどの大型ショッピングサイトなどの台頭によってより進化してきました。

今では家に居ながら全国のどんな商品でも、インターネット経由で買う事が出来る様になっているとまで言っても過言ではありません。

そしてそれは同時に、新たなネットビジネスの機会を作り出しました。
インターネット経由で販売出来る様になったという事は、実店舗が必要なくなったという事でもあります。極論を言うならば家庭の台所ひとつさえあれば、商品を作って売る事が出来るのです。

その上接客をする必要が無い事もあり人を雇う必要もなく、たった一人でお店が出来るのです。これは極端な例とはいえ、実際に楽天市場などでは実店舗を持たないショップはたくさんあり、店舗がマンションの一室などといった店舗はたまに見かけます。

中には商品を作るどころかどこかで購入してきて、それを売っているといった形のショップなどもあります。鮮度が落ちるからとネット販売せず、関西の店舗だけで販売をしているチーズケーキが楽天で売られていた時には驚きました。値段は倍ぐらいになっていましたが。

こういうやり方はさすがにどうかと思いましたが、それでもネットビジネスの進化により色々なビジネスチャンスが現れた事は事実で、今後も増えていくのでしょうね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ